58年前のきっかけ?猿が温泉に入るようになった!

動物
スポンサードリンク

お猿さんが温泉に入る光景を見た方は多いのではないでしょうか?
猿が温泉?って思ってしまうのも不思議な事ではないですよね?
2020年3月2日(月)放送の新説!所JAPANでは、温泉に入る猿ミステリー題して,猿が温泉に入るキッカケを調査する内容みたいです。
その中で、58年前に起きた事件とは?
僕なりに調査してみました。
最後まで、お付き合い頂ければ幸いです。

温泉ザルに外国人「クール!」長野県地獄谷野猿公苑

地獄谷野猿公苑の場所は?

場所は、長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

アクセス:地獄谷野猿公苑。

長野県の北部、上信越高原国立公園の志賀高原を源とする横湯川の渓谷にあり、
標高850m、地獄谷の冬は厳しく1mを越える程の雪に覆われるそうで、最低気温が-10℃を下回って、とっても厳しい環境との事。

1964年開苑して、ニホンザルの生態を近くで観察できる唯一の場所で、たくさんの人々に愛されています。
柵もなくて、ニホンザルが自由に出入できる自然環境を利用した所だそうで、
施設内で与えるエサを求めて、やってくるので間近で見る事ができるそうです。

ニホンザルが温泉に入る目的は?

地獄谷の寒さかなり厳しいそうで、そんな寒さをしのぐ為?だそうです。
暖かい時期には、温泉には積極的には入らないそうなんですが、温泉に入る事は、生活の一部でしかないそうで、温泉に入らない時でも、サルの観察は楽しめるそうです。

引用:地獄谷のニホンザル

何を考えて、温泉に入っているのでしょうか?
気になります。

View this post on Instagram

The average lifespan of Japanese macaque is about 25 years and this old female"Togura93" is 26 years old. It seems that she lies at the point of death. こちらは、初めてご来苑された方々にも"年寄り"ということがなんとなく分かる風貌の26歳のメス"トグラ93"。ニホンザルの野生下での平均寿命は25年ほどですので老齢なのは確かですが、実はその年寄り然とした様相自体は数年前から、しかしここ1ヵ月ほどの間に目に見えて衰えが加速し始めました。体脂肪を蓄えたはずの秋直後にも関わらず骨が浮くほど痩せこけ、動作は極めて重く、顔の肌は黒ずんで質感もガサガサ、目にも力はなく虚ろで、毎日のようにサルたちを見ている我々公苑スタッフからすればその変容は明らかです。 おそらくは、そう遠くないうちに老衰、少なくとも今冬を越えることはできないと思われますが、当苑のサルたちはあくまで野生動物。サル同士の争いによって負う怪我、落石、雪崩など、現場を見たわけではないのではっきりした理由は分かりませんが、ある日を境に姿を見なくなった、何らかの理由で寿命を待たずして死亡したと思われるサルも少なからずいます。そして、そういったサルたちを鑑みれば、 ・それなりに子を産んで子孫を残した。 ・現在は落ちぶれたものの、実の弟でオスの1位だった"トグラ95"が離群するまではその威を借り群れの中心で幅を利かせた。 ・平均的な寿命を超えたうえで老衰によって最後を迎える。 という"トグラ95"の生涯は野生動物として紛れもない成功と言えるでしょう。 ちなみに、気温が低くなってきてからというもの、温泉に入っている様子を見かける機会が多くなりましたが、三々五々毛繕いをし合いながら湯に浸かる他のサルたちをよそに、特に誰にも構われることなく一匹静かに佇んでいます。 • • • 【⚠️サルたちが温泉に入る理由は"厳しい寒さを凌ぐため"。なので入浴の様子は主に12月〜3月頃の冬季に見られますが、その時期であれば必ず温泉に入っているというわけでは決してありません。 天候や気温、そしてそれらの変動、更に群れ全体、或いは個体ごとの動向や状態など、入浴に対して影響を及ぼす要因は数多くありますが、その中でも特に大きいのが"日差し"です。これはサルたちが寒さを凌ぐ方法として"温泉よりも日光浴をはるかに好む"ことが理由で、晴天時にはたとえ気温が氷点下でも温泉に入ることはほとんどありません。ただし、それもあくまで"傾向"の話で、その他の要因の影響によっては、晴天時に温泉に入ることもありますし、逆に日差しがないうえに気温が-10°Cを下回っている時や雪が降っている時でも温泉に入らないこともあります。 とどのつまり、温泉に入っているサルたちをご覧になれるかどうかは"運次第"となります。】 • 【⚠️The monkeys come to the park enter the hot spring in order to keep off the severe cold. So, the monkeys mainly sork in the hot spring when the temperature is very low and there is no warm sunshine. The bathing is not taken all day and the entering time is not decided. Bathing frequencies and number of monkeys change greatly depending on temperature, weather and the feeling of the monkeys. 】 • • • Introductory movie【 Real monkeys, Real their life 】▶︎▶︎▶︎IGTV • • • 【⚠️開苑・閉苑時間 Hours of operation】 4月〜10月 8:30-17:00▶︎11月〜3月 9:00-16:00 April-October 8:30-17:00▶︎November-March 9:00-16:00 #地獄谷野猿公苑 #ニホンザル

A post shared by 地獄谷野猿公苑 Jigokudani Monkey Park (@jigokudaniyaenkoen) on

58年前の事件の内容とは?

1952年に、スキーリフトの開発(志賀高原のスキー場開発)で、生息地を追われてしまった野生のサルがふもとの町に来て、農作物の被害があって、住民が困っていたそうです。

そこで、エサがあれば田畑の被害がなくなるのでは?と思い、餌付けに取りかかった結果、5年後には、サルを手なずけることに成功したそうです(長野電鉄職員・原荘悟さんが、地獄谷温泉の一軒宿「後楽館」と長野電鉄山岳部のアイデアによる物)。

「地獄谷野猿公苑」に隣接する渓谷沿いにある宿「後楽館」には、サルの群れが現れるようになったそうです。
引用:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1824/

スポンサードリンク

寒さしのぎの子ザルがきっかけ?

ある日、子ザルが寒さを凌ぐ為に、「後楽館」の露天風呂に入りました。
そしたら、群衆心理ですかね?
仲間の猿が、たくさん温泉に入るようになって、それが朝日新聞に掲載されたそうです。

その後、世間の関心が高まり、観光地化を進めた結果、「地獄谷野猿公苑」の開園とまでなったそうです。
猿の専用、露天風呂まで作っちゃったみたいです。

引用:https://www.instagram.com/p/B6m1rpcA8Z2/?utm_source=ig_web_copy_link

View this post on Instagram

The onsen lover "Tomiko05" 昨日の朝は風を伴った雨に始まり、その後みぞれ、最終的に雪となりました。強い降りが日暮れ以降も続き、苑内もようやくの一面雪景色です。 ところで、今回投稿の動画のサルは2005年生まれのメス"トミコ05"。当苑にやってくる群れの中でおそらく最も温泉に入る頻度が高い一頭で、温泉に"トミコ05"一頭だけ入っているような状況も珍しくないほど。そういったことから考えると、"温泉に入っているサルの写真"として最も多く世に出回っているのは"トミコ05"の写真なのかも知れません。 • • • 【⚠️サルたちが温泉に入る理由は"厳しい寒さを凌ぐため"。なので入浴の様子は主に12月〜3月頃の冬季に見られますが、その時期であれば必ず温泉に入っているというわけでは決してありません。 天候や気温、そしてそれらの変動、更に群れ全体、或いは個体ごとの動向や状態など、入浴に対して影響を及ぼす要因は数多くありますが、その中でも特に大きいのが"日差し"です。これはサルたちが寒さを凌ぐ方法として"温泉よりも日光浴をはるかに好む"ことが理由で、晴天時にはたとえ気温が氷点下でも温泉に入ることはほとんどありません。ただし、それもあくまで"傾向"の話で、その他の要因の影響によっては、晴天時に温泉に入ることもありますし、逆に日差しがないうえに気温が-10°Cを下回っている時や雪が降っている時でも温泉に入らないこともあります。 とどのつまり、温泉に入っているサルたちをご覧になれるかどうかは"運次第"となります。】 • 【⚠️The monkeys come to the park enter the hot spring in order to keep off the severe cold. So, the monkeys mainly sork in the hot spring when the temperature is very low and there is no warm sunshine. The bathing is not taken all day and the entering time is not decided. Bathing frequencies and number of monkeys change greatly depending on temperature, weather and the feeling of the monkeys. 】 • • • Introductory movie【 Real monkeys, Real their life 】▶︎▶︎▶︎IGTV • • • 【⚠️開苑・閉苑時間 Hours of operation】 4月〜10月 8:30-17:00▶︎11月〜3月 9:00-16:00 April-October 8:30-17:00▶︎November-March 9:00-16:00 #地獄谷野猿公苑 #ニホンザル

A post shared by 地獄谷野猿公苑 Jigokudani Monkey Park (@jigokudaniyaenkoen) on

Snow Monkeyの動画↓

[8K60P] 地獄谷野猿公苑の温泉猿 Snow Monkey hot spring Shot on RED

最後に、、、!

米国雑誌『LIFE』の表紙に「地獄谷野猿公苑」のサルが、Snow Monkeyとして載ってから外国で、注目浴びる結果となって、
世界で人気となっているそうなんです。

ひょんなきっかけが、まさかこんな有名な施設に変貌するなんて58年前には考えられなかったかもしれませんね。
温泉に入るお猿さんは、何回見ても心が癒されますね。

【SNOW MONKEY】ニホンザル / 地獄谷野猿公苑 ☆Cute Baby☆ Innocent Babies 1
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました