おぎぬまXの4コマ空間の内容が気になる?!

テレビ番組
スポンサードリンク

2020年3月7日(土)放送の激レアさんを連れてきた。で、『山籠り、断食などハチャメチャな修業で、ギャグ漫画家の登竜門・赤塚賞で29年ぶりの入選者になりましたおぎぬまX』さんが登場です。
山籠りして、断食して書き上げた、面白い4コマ漫画の作者さんですが、中身の漫画気になってしまいました。
早速、調べてみました。

おぎぬまX!

現在、32歳で町田市のご出身。

本名は、荻沼 竜太(おぎぬま りゅうた)

元はお笑い芸人として活動されていて、2010年にスクールJCA19期という「人力舎」のお笑い芸人養成学校でお笑いの勉強?をされ、
タレントの道へ。

2017年からフリーの漫画になっています。

おぎぬまXって気になりますよね?
とっさに思い浮かんだ、名前だそうです(深い意味はないそうです)。

おぎぬまXの4コマ作品の中身!

2019年12月に第91回赤塚賞を受賞。
これ自体、29年ぶりの快挙だったそうです。

作品は、『だるまさんがころんだ時空伝』
主人公の田中(10歳)が親友の森田(10歳)と空き地でだるまさんがころんだをしていて、時空を超えてしまうとんでもない展開に発展する話しで、15pの短編漫画だそうです。

だるまさんがころんだ時空伝は、こちらで読めます↓


4コマ漫画は、ほのぼのとした中身だった!

おぎぬまXの4コマ空間

奇妙でどこか笑えるギャグ4コマ漫画に仕上がっているそうです。

何とおぎぬまさんのドキュメンタリーまで発見!

プロジェクトおぎぬまX完全版

おぎぬまXの運命
ブログでも、漫画を読む事ができちゃいます。

最後に、、、!

山籠り、断食などで4コマ漫画を書き上げ見事赤塚賞を受賞された、おぎぬまさん。
漫画の面白さの影では、結構追い詰められていたそうです。
その努力の賜物ですね。
番組では、どんな事を話してくれるか楽しみですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました