元漁師が営む佐賀の「魚山人」の場所が船でしか行けない理由とは?

グルメ
スポンサードリンク

2020年3月16日(月)  20時00分~22時48分 放送の、世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~で紹介される、船でしか行けない秘境に日本食の名店「魚山人」というお店は、先の先まで予約でいっぱいで、芸能人からスポーツ選手や有名人がやってくる隠れた名店だそうです。
そんな、名店がなぜ船でしか行けないんだろう?って気になってしまいました。
色々調べてみましたので、最後までお付き合い下さい。

アクセスと場所はどこだ?

交通手段ですが、車以外で行くには厳しいみたいです。
電車も通ってないですし、最寄りの駅からは、まあまあの距離があります。

それに、店主の吉田さんが船で、「仮屋港」まで迎えに来てくれるという親切さ。
そこから、船で移動して5分程でお店に到着するそうです。

住所:東松浦郡玄海町仮屋高岩

【電話番号】0955-52-2733:予約や問合せする際の連絡先

営業時間:(昼)12:00~(夜)17:00~ 【店休日】不定休となっています。

*予約は、1日2組み限定だそうです。

スポンサードリンク

動画やSNSでも、お店の情報がまるわかり!

魚山人(ぎょさんじん)

お店へ船でしか行けない理由とは?

岬には、店と店主の吉田さんの住まいしかないそうで、有名人もお忍びで来るが、船でしか店には行けない。
そんな立地になぜを店を出したんだろう?

それは、店主と奥さんが2人で漁に出て調理をすることで、安くて新鮮な魚を提供できるというメリットがあって、更に店主は高級旅館などで40年以上もの間活躍されていたが、先祖代々受け継がれている遺跡を守るために辺境の地で店をやる事にしたそうです。

最後に、、、!

坂井宏行シェフやカルロス・ゴーン氏、その他多数の有名人が絶賛した魚山人。
店主おまかせの料理をコースで味わえて、豊富な海の新鮮な真鯛のお刺身、カマスの塩焼き、茶碗蒸し、タコのサラダやサザエ、ひじきのキッシュ、メジナの煮つけなどお腹いっぱいになるほどのボリューム満点な料理!
金額も、3000円〜5000円なので、是非一度足を運んでみたいものです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました