白衣の天使の空手の元世界チャンピオン谷山佳菜子は、ボクシングも最強だった!?

テレビ
スポンサードリンク

人を見た目で判断するな!で、取り上げられる「普段は白衣の天使なのに空手の元世界チャンピオン」の谷山佳菜子さんについて書いてみました。
空手からボクシングに転向されたそうで、「HOOST CUP 初代女子バンタム級王者」とあって、ナースがボクシングんバンタム王者?のギャップが気になってしまいました。
そんな、谷山さんのボクシングについて調査してみました。

空手世界王者からボクシングへの転向

高校1年性で、空手を始めて、2008年と2009年の全日本女子空手道選手権大会 軽量級(55㎏級)を制覇しています。
始めたのが、2002年であったので、6年程で世界を獲るまでの頭角を表していますね。

2010年には、キックボクサーへ転向しています。
そのキックボクシングでも、優秀な成績を収めています。

2011年、J-GIRLS -53kg Japan Queenで、王者になっています。

2013年、初代LEGEND QUEEN バンタム級でも、王者です。

2016年、ホーストカップ初代女子バンタム級でも、王者なんです。


空手からの転向で成功していますね。

試合の動画です↓

谷山佳菜子ちゃん

成績は、19戦して、16勝3敗の好成績です。

膝を怪我し、ボクシングへ転向

2018年より、ボクシングへ転向。
ワタナベボクシングジムに所属する。

キックボクシングができず絶望だった時に、武蔵さんが内山高志選手さんと仲がよく、その縁でジムを紹介してもらったそうです。
チャンピオンも多数輩出しているジムだったので、とっても刺激になったそうです。

今まで4戦して、2勝(1KO)1敗1分となっています。
その負けた相手は、、奥田朋子さんという方で、2度対戦していますが、勝っていません。
試合の動画もアップされていました。

デビュー戦

谷山 佳菜子(ボクシングデビュー戦)vs スマリー・トンプトーン 2018/12/1

昼は看護師で、夕方からから練習!

谷山さんは、東京都千代田区にある「ナグモクリニック東京院」で、週4回働き、午後3時で上り夕方5時から夜まで練習に励んでいるそうです。
職場でも、自身がボクシングをしている事を、理解してくれていて、先生達が応援してくれているという恵まれた環境にいるそうです。

相当タイトな日程の中でも、正解チャンピオンを目指して頑張っておられます。
是非、世界チャンピオンになれるよう、応援したいですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました