ボーク重子の経歴やプロフィール、子育の方法など、、!

スポーツ
スポンサードリンク

みなさん、こんにちは、世間の話題に興味あるやっさんです。
今回は、テレビに出ていたボーク重子さんという方について書いてみました。
ボークさんの子育てが話題になった事ご存知ですか?
また、娘さんも優秀であって、とっても気になってしまいました、早速お届けします。

ボーク重子のプロフィール!

本名は、ボーク重子
生年月日は、1966年か1965年(52)、結構お綺麗ですよね。
出身が東北の福島県伊達郡川俣町だそうです。

経歴も結構すごいです!

出身の高校や大学については、詳細な情報の記載を発見できませんでしたが、大学卒業してからは、外資系企業に勤めていたみたいです。
その後は、アートに興味をもったのか、ロンドンの大学へ進学して現代美術史の修士号を取得されたそうで、ここまででも優秀なんだって推測できますよね。
お母様が英語の塾を営んでいたそうでして、中学では成績もよかったそうなんですが、高校で音楽に興味をもち、バンドも始めたそうです、結構こういうパターンって聞きますよね、優等生だった子が音楽などにベクトルが向き、勉強しなくなるのって。
ロンドンの大学に行ったのも、当時交際していた男性に振られたのが、原因だったそうで、行動的というかポジティブな女性ですよね。
現在は、ワシントンが拠点だそうです。

娘スカイボークも綺麗すぎる!

アメリカで過去60年続いている大学奨学金コンクールで「全米最優秀女子高生」に選ばれ、

アメリカ人と日本人のハーフですが、アジア人が優勝したことでも話題になったそうです。

スカイさんの国籍は、未成年の為、日本とアメリカの重国籍だそうです。
特技がバレエとの事で、スタイルもいいので納得しますよね。
小学校3年生までは共学で4年生から男女別学のボーヴォワールという学校で学び、小学4年生からは男女別になり、女子はナショナル・カテドラルに進学したみたいです。
大学奨学金コンクール、通称「The Distinguished Young Women of America(米国の傑出した若い女性)」の全米最優秀に輝き、なんと、なんと、奨学金3万5千ドル(約393万円)が贈られたそうなんです、すごいですうよね。
全米最優秀女子校生に選ばれた際に、ワシントンD.C.にある、私立のNational Cathedral Schoolに在籍していて、名門コロンビア大学に奨学金で通われたそうです。

スポンサードリンク
YAGP 2016 Boston #552 S Bork Coming To Life

ボーク重子さんの職業、旦那さんはどんな人!

2004年に、ワシントンDCにアジア現代アート専門ギャラリーをオープンさせ、有名なVIPが顧客のお店のオーナーという所でしょうか。
また、書籍を出したり、講演会を開いたりと、色々な活動をされているみたいですね。

https://www.instagram.com/shigekobork/
そんなボークさんの旦那さんはというと、ボークさんがロンドンの大学院在籍時に知り合ったそうで、結婚を機にワシントンに移り住んだそうです。
名前は、ティモシーボークさんとの事で、優秀な外交官だったという噂ですよ。
年齢も、結構離れていて、12歳上だとか(旦那さんの方が)。
インスタグラムで見る限り、夫婦仲は、いいみたいですね。
羨ましい限りです。

驚きの教育法!

アメリカでの教育は「パッション=情熱」だそうで、その子が何に興味を持っているか=パッションがどこにあるかを見極める事が大切で、それをのばしていくことが重要だそうです。
パッションに従って好きなことをやるというのは、勉強の妨げになったりせずに、時間の使い方が上手になって集中力がつくそうなんです。
学校の点数の結果だけでなく、人間としての成長に重点を置いた教育法みたいです。
確かに、今の様な環境の変化が激しく、個人の価値観が多様している時にこそ、こういった教育法が重要なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました