瀧川鯉斗 イケメン落語家は元暴走族総長 画像、経歴 彼女など!

芸人
スポンサードリンク

みなさん、こんにちわ。
今回は、「激レアさんを連れてきた。」という番組ご存知でしょうか?
結構人気がある番組みたいなんですが、そこに異色の経歴を持つ方が出演されていたので、かなり気になりました。

現在落語家の瀧川鯉斗さんですが、かなりカッコいい方で何と、、、、以前暴走族だったそうなんです。
驚きというか、なぜ落語家になったんだろうって思って書いちゃいました。
それに、イケメンとあって気になって気になってしまい、ネットで色々調べて見ました。
最後まで、お付き合い頂ければ幸いです。

瀧川鯉斗さんのプロフィール!

本名は、小口直也(おぐちなおや)

生年月日は、1984年 1月25日生まれで、年齢は35歳

出身は、東京で生まれたそうですが、出身地は愛知県名古屋市です。

中学校や高校は、不明ですが高校は1日で退学しているそうです。

趣味は、バイク

事務所は、ぐあんばーる

職業は、落語家ですがイケメンなのでモデルかな?って思っちゃいますね。

瀧川鯉斗さんの経歴について!

中学時代は、サッカーに熱中していて、愛知の代表にも選ばれているんです。

サッカー推薦の話しもあったほどで、運動神経は高かったみたいですね。

高校に進学しますが、1日で退学してしまったそうで、原因は先輩50人?と喧嘩してしまったそうです。1人に対して50人だったので、勝ち目はないですよね。

その後は、バイクが好きだった事もあって暴走族になり、17歳で総長までになってしまっています。

所属チームは、天白スペクターというチームで、昼は仕事をして夜はバイクで走るという生活だったみたいです。

数百台のバイクで暴走したり、喧嘩をしたりといった生活が楽しかったそうですが、将来の自分の進路に不安を持っていたそうです。

スポンサードリンク

そして、2002年、18歳で上京をして転機を迎えます。

落語の世界へのめり込む?!

上京してから、レストランでアルバイトしますが、この店のオーナーが元渡辺プロダクションのミュージシャンだったそうです、いやーついてますね。

そのお店で、師匠の瀧川鯉昇(たきがわりしょう)さんの独演会があったそうで、それを見て落語家を目指すキッカケになったそうです。
行動を起こした事で、何かを見つけたんですね、こういう所は見習いたいとこです(笑)。

2005年から、弟子入して、入門したそうです。
約2年の修行は、相当きつかったと本人もコメントをしているようで、それでも耐えて頑張っていったそうです。
元総長だから根性は、あったみたいですね。

そして、2019年5月 「真打」に昇進されたそうで、短期での昇進はあまりないって噂なんですよね、ただ本人は謙虚で素直な性格だったそうで、師匠からも厳しく指導された事もあったそうですが、落語家になる強い意思を持っていたそうです。

結婚しているか?彼女はいるのか?

やはり、これだけのイケメンなので彼女や結婚しているかは、気になってしまいますよね。
調べてみましたが、独身のようです。

彼女も、今の所いないみたいですが、相当モテるのではないでしょうか。
本人は、清楚系が好みだそうで、他にも、礼儀が備わった人だそうです。
やはり、落語の世界に身を置いているので、礼儀や気遣いができる女性って事なんでしょうね。

最後に、、、!

35歳で、真打に昇進されてすごいですよね。
知識0からの頑張りには、頭が下がる思いです。
これからの落語会を背負って頑張って行って欲しいですよね。
カッコいいので、今後要チェックしていきたいと思います(笑)。
最後まで、読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました