大谷翔平選手は、投手よりも野手一本にすべきか?MLB最高打者が理由だから!

スポーツ
スポンサードリンク

こんにちわ、スポーツ大好きやっさんです。
今回は、昨年10月の右肘靭帯再建手術して打者に専念している大谷選手について書いてみました。

二刀流を続けるのか?

ファンとしては、やはり豪速球で三振を取るのも期待はしていますが、何と言っても故障のリスクも大ですよね。エンゼルスも来年から、投手大谷を復帰させると公式で表明していましたね。
打者としての才能は評価されているようなんですが、チームや首脳陣、ファンは、怪我の事も心配しているのも事実みたいです。
ただ、昨期は、打率.285 ホームランも22本と活躍したので当分打者で行くのがいいような気もしない訳ではないですが、、。

球団は、大谷選手に対して期待大!

オースマス監督は、二刀流大谷を期待しているとの事で、球団も最高のピッチャーだと褒めちぎっていましたね。
それに、エンゼルス内では二刀流を養成する動きまであって、どんだけ期待されているんだって思ってしまいますが、それもそのはずです。
大谷選手の、あの謙虚さや人格など見れば誰でも期待?しちゃいますね。
昨期は日曜日にマウンドに上がる事が決められていたそうで、怪我さえなければって思ってしまいます。

プレーオフ進出には、大谷選手は欠かせない!

プレーオフ進出には、大谷が必要不可欠だっていう話しもあり、その時期には、あまり試合数も無い事から、どちらかで毎試合出させるという事みたいですね。
打者でも、強肩で足は早いし、ホームランも豪快だし、更に他の選手達の負担を減らしたりとメリットは、結構大ですね。
エンゼルスの中でも、打者大谷というのは、最高の打者として君臨してるみたいだし、やはり打者専念の方がいいのではって思ってしまったりします。

チームの打線の不調の突破口は、やはり大谷選手か?

この前のカージナル戦では、代打で出場して安打を放ちましたね。
序盤のア・リーグ西地区では、最低の得点力のエンゼルスなんですが、どうやら大谷選手がキーマンみたいですよ。
それには、あのアレックスロドリゲスも高評価しているみたいです。
その理由をAロッドが3つ上げていて、

メジャーのストライゾーンへの適応を高めた(すげー)

3番打者にいる事で、次のトラウト選手への好影響大。相手の投手がトラウト選手との勝負を避けられないので、打撃の向上に繋がっている。

俊足であり、盗塁も果敢に狙える。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00419048-fullcount-base

手術後ブルペン入りしちゃった〜〜(早)

昨年10月に右肘内側側副靭帯再建術をしてからの初ブルペンで投球を再開しました。
297日ぶりとの事で、世間は騒がしいですよね。
大谷選手としては、あまり騒がないでほしいと思っているのではないでしょうか?
力は50%くらいで、44球を放ったとの事で一生懸命リハビリを頑張って来たので本人はしっかり噛み締めながら投げていたのではないでしょうか。
地元の記者もお祝いのメッセージを届けたみたいで、最初はゆっくりと無理せずに仕上げていって欲しいですね。
本人も気持ちよく投げれて、リハビリメニューを1個1個慎重にこなしていくみたいですよ。

では、今季の投手の復帰はあり?なし?

ブルペン後は、本人も良い感じを掴めたみたいで調子はいいみたいなコメント発していましたが、打者として2試合連続出場していて、大活躍な上にチームも3連勝との事で、やはり大谷選手は欠かせない選手みたいで、嬉しいですよね。
チーム監督のオーマス氏も、大谷選手と頻繁にコミュニケーションを取っているみたいで、監督もかなり期待しているんだなって思っちゃいますね。
やはり、知りたいのは今季投手で出場するチャンスはあるの?ないの?ってすごーく気になって気になってしまうのは、僕だけじゃなくファンの方は、みんなそう思っていますよね。
その答えは、トーマス氏がマスコミにノーとコメントしたそうです。
それもそうですよね、チームとしては、無理に復帰させて、また怪我されたらキーマンを今季失うのは大きいですからね。
さすが、トーマス氏ですね。
そういった監督の下でやれているのも、大きいのではないでしょうか。

https://news.livedoor.com/article/detail/16686365/

初の球宴出場になるのかな?

来月開催されるオールスターゲーム。
毎年スター選手による白熱した試合が楽しみですよね。
その夢の球宴に大谷選手に、出場してもらいたいというのが本音ですが、実際どうなんでしょうね。
すごーく気になりますし、もう来月の事ですからね。
結果は、ファンによる1次投票では約20万票差の4位に終わってしまったそうで残念です。
しかし、選手間投票と機構推薦で選ばれる可能性があるとの事らしいです。
各球団の有名選手達も、こぞって大谷は出場してもおかしくない位のコメントを出していますので、もしかすると出場の可能性は大いに期待できますね。
ただ、いいプレーを続ければの話しだそうですので、しっかり数字を残して欲しいものです。
出場できなくても、ホームラン競争だけでも見てみたいのも本心。
大谷選手自身も、選ばれれば出たいと言っているので、是非とも大谷選手にチャンスあげて下さいと心から思っています。

遂に、今季も2桁のホームランに到達!

やったー。
アスレチックス戦で何と、2年連続の2桁ホームランを達成しました。
松井稼頭央さんに並んで、日本人歴代7位タイだそうで、米メディアも賛辞を送ったそうで、これでますます夢の球宴の初出場へ近くなったんではないでしょうか。
この1発でチームに勢いをもたらし、快勝でした。
内角低めのボールをとらえ、打球速度が何と170キロ、飛距離123.7メートルの特大?アーチでしたが、本当に術後なのって思ってしまいますね。
とにかく、早く大谷選手がオールスターに出場してくれる事を願ってやみません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました