久保建英、日本人初のレアルマドリー移籍!活躍の可能性は未知数?!

スポーツ
スポンサードリンク

みなさん、こんにちわ。
スポーツ大好きやっさんです。
今回は、日本人で初のレアル・マドリードへ移籍する久保選手について書いて行こうと思います。
レアルに移籍と言っても、 レアル・マドリーのBチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャへの移籍との事で、プロ野球でいう3軍みたいな所ですね。
それでも、あのジダン監督が注目をしているとの事ですごいですよね。

久保選手の経歴

3歳の時に、お父さんがコーチとして参加していた東京稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始めたそうです。
その後、小学校3年生で、川崎フロンターレの下部組織に入って、2011年8月、FCバルセロナの下部組織カンテラ(ラ、マシア)入団テストに合格してから、スペインに渡ったそうで、結構上手かったんでしょうね。
普通、バルセロナの下部組織とわいえ、その入団テストに合格するってあまり聞いた事ないですね。
そして、バルセロナで色んな経験を積まれて、2015年3月、日本に帰国してFC東京の下部組織に入団して、そこから得点王に輝いたり、Jリーグ史上最年少記録を塗り替えたりと10代にしてみたら、まさに天才的ですね。

久保選手の強みは?弱みってあるのかな?

ブラジルでのコパ・アメリカでは、日本代表はグループステージ敗退となってしまいましたね。
そんな中でも、久保選手は世界中から注目を集めたそうです。
注目があるからこそ、色々な角度からも分析されていたとかで、注目を集めればなおさらそうですよね。
弱さ的な所は、体が小さい事もあって簡単に倒れる事が多かったとか。
動画で、見たんですがやはりチリの選手のフィジカルの強さ凄いなって、あたりとか見ると素人でも分かりました。
そんな強さに久保選手は、苦しんでいたんではないでしょうか。
だが、そうは言ってられないですよね。
ヨーロッパで戦うには、上半身をもっと鍛えて、充分戦えるフィジカルも鍛えないといけませんね。
強みの部分では、やはり自分で切り崩せるスピードですね。
パスも出しや、パスをもらってからシュートする速さは、結構評価されていましたね。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=60783

ジダン監督が、久保選手をトップのツアーに帯同希望?

7月9日から北米ツアーのためカナダのモントリオールへ出発の予定であるそうで、そこへ久保選手を帯同させたいとの希望があるそうです。
まだ、活躍も未知数の選手をトップチームのツアーに帯同させるのは、期待しているからなのか?
もしくは、久保選手を間近で見てみたいのか、どういった意向が監督にあるのかは、わからないですが、あの豪華メンバーに帯同できるのだから、すごい事ですよね。
それだけ、南米選手権での久保選手のプレイに何かを感じたんでしょうね。
あの年齢で、トップレベルの選手達と過ごす事は、かなりプラスになるでしょう。
羨ましい限りです。

スペインでも、久保選手を歓迎ムード?

地元のスペイン紙でも、アジアのスターを見つけたというニュースを報じているので歓迎されているんでしょうね。
まだ、10代の久保選手をそこまで評価しているのは、凄い事ですね。
ただ、中身はというと、トップレベルですぐに活躍できるというよりも、トップと2軍との中間のレベルであると付け加えていて、流石にあのスター選手の中で活躍できるとは、言っていないみたいですね。
それもそうですよね、順応するには時間がかかるし、肉体やフィジカルも、もっと鍛えないといけないしで、僕も直ぐに試合で活躍できるレベルでは、ないと思います。
ただ、バルセロナの下部組織にいたので、スペイン語の方は堪能な事が大きなアドバンテージになりますね。

レアルの育成についての評判がイマイチ?

ここ最近のレアルの下部組織でも若手が育っていないという現状もあるそうで、育成面ではやや不安もありそうですね。
尚且つ、異国の地から行くのですから久保選手にしてみたらプレッシャーも多いはず。
過去の例でも、前評判がいい若手はいたんですが、なんせビッグクラブな故に、萎縮してしまうんでしょうかね、もったいないですね。
やはり、行ってみないの活躍できるかは、未知数なのかもしれないですね。
最初は、持ち上げてくれるけど、活躍できなかったらバッシングも凄いだろうしで、周りがあまり騒がず、黙っているのがいいのかもしれないですね。

お別れのスピーチも堂々たるものだった!

試合後に、3万人を超えるサポートから拍手喝采でしたね。
何と対戦相手の横浜のサポーターもたくさん残っていたとかで、凄いですよね。
挨拶のスピーチも、FC東京のおかげで今がありますくらいの思いを語っていたのでとても謙虚な選手で、サポーターの前でもしっかり感謝の言葉を述べていたそうです。
まだ、18歳という若さで世界で戦うという凄さもありますが、その分活躍しないと海外は厳しいとよく聞きます。
結果だけが全ての世界で、あの若さでどこまで通用するか?
メッシ選手やアザール選手のように、背は高くなくても巧みなテクニックや切れのあるドリブルなどで活躍している選手も結構いるので、そういった選手を意識してみるのもいいかもしれませんね。
なんせ、あのジダン監督も久保選手には、一目置いているみたいだし、ジダン監督と言えば、意外と親日家でもあるそうなので、そういった面も心強いですよね。
陰ながら応援していきたいと思っています。
頑張れ、久保君。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました