越野沙織は9才で羽生善治と対局!経歴、学歴や現在を調査!

テレビ番組
スポンサードリンク

みなさん、こんにちわ。
越野沙織さんという女性をご存知でしょうか?
この方、9才時に、羽生名人と対局した天才将棋少女だったそうで、あいつ今何してる?で紹介されるそうです。
将棋だけでなく、学歴も去る事ながら算数の大会や科学のコンテスト、ピアノの腕など「神童」と呼ばれていたそうです。
早速、気になってしまい書いてみました。
最後まで、お付き合い頂ければ幸いです。

越野沙織ってどんな人なの?

6歳と時に、将棋盤と駒を買ってもらってから将棋を始めたそうで、全国大会などでも優勝を飾る程の実力がありました。
何かの番組で、羽生善治名人と対局しましたが、敗れてしまいプロの道には進まなかったそうです。
その後は、医師の道へ邁進されたそうです。

年齢:30歳 1990年?生まれ。

職業:東京大学医学部附属病院 放射線科チーフレジテント

大学;京医科歯科大学医学部医学科〜インペリアル・カレッジ・ロンドン 医学部 脳科学研究科やハーバード大学などにも留学

詳細な経歴↓

2020年4月 – 現在東京大学医学部附属病院 放射線科 チーフレジデント
2017年4月 – 2020年3月東京大学医学部附属病院 放射線科 診療医
2018年8月 – 現在順天堂大学医学部 放射線医学教室 放射線診断学講座 非常勤助手
2019年4月 – 2019年11月東京逓信病院 IVR科 診療医
2018年4月 – 2018年6月ピティエ=サルペトリエール病院 神経放射線科 留学(パリ第6大学(別名:ピエール・マリー・キュリー大学)附属病院、日本医学放射線学会とフランス放射線学会の交換留学)
2017年4月 – 2018年7月順天堂大学医学部 放射線医学教室 放射線診断学講座 助手(小川秀興理事長・青木茂樹教授の御厚意によりポスト増員)2016年12月 – 2016年12月ロヨラ大学シカゴメディカルセンター 放射線科 レジデント2015年4月 – 2017年3月東京大学医学部附属病院 初期研修医
引用:https://researchmap.jp/saori.koshino/

大学や経歴など見ただけで、相当頭がキレる人みたいですね。
他にも、小学生で算数オリンピックで銅メダルを獲得したり、科学技術の研究成果をきそうコンテストで最優秀賞を取得、ピアノに至っては、パリの音大教授にスカウトされたりと、これを「神童」と言うんですね!

医師を目指したきっかけとわ?

羽生名人との対局では、敗れてしまいましたが(小学生で羽生名人と対局する事自体すごいですが)、お医者さんの道を目指していますね。
小学生の時に、成長痛になった事で、その時の医師に治療された事で、志したそうです。
人の為になると思ったんでしょうか、それからは、一生懸命に勉強した結果、上記の記述からもわかる通り、医者の道に進まれています。

羽生名人からの言葉、「才能とは情熱、気力を継続する力」の言葉を胸に頑張ったのではないのでしょうか?
元々、頭もよかったそうで、医師を目指すってなっても不思議ではないですよね。

スポンサードリンク

現在は、ノーベル賞を目指しているって本当?

現在は、東京大学の大学院医学系研究科に所属されていて、医師というより研究者に近い存在のようです。
放射線科の医師とはなっていますね。

CTとAIの融合(難しいですね)を研究されていて、実れば医師が足りない所でも最先端の医療を受ける事ができるそうです。
どうやら、上記の研究成果によっては、「日本人初のノーベル賞獲得」かと噂される程の評判だそうです。

やはり、そういった分野ではエリートと呼ばれる人が日々研究の成果の為に、絶え間ない努力をされていらっしゃるんですね。
素晴らしいです。

最後に、、、!

越野 沙織 さんを紹介してみました。
数々の素晴らしい経歴に驚くばかりであり、またこういった方がいる為に日本の医療は充実していると言っても過言ではありませんね。
今後、ノーベル賞獲得されるように頑張って頂きたいです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました