布マスク配布は、いつからか調査してみた!

生活
スポンサードリンク

新型コロナウイルスの感染拡大防止の中、安倍晋三首相が洗濯して繰り返し使える布マスクを5千万余りある全世帯に2枚ずつ配る事が、発表されましたね。
この件について、賛否は多数出ていますが、実際いつ手元に来るんだろうって思う方も多いと思います。
そこで、いつ頃になるか調べてみました。

いつ配布されるんだ?

再来週から、発送と発表されました。
4月13日から4月16日の間になると思われますね。

全国で5,000万余りの世帯全てを対象になるそうで、日本郵政の全住所配布システムを活用して、1住所あたり2枚ずつの配布となっています。

布マスク配布が4月1日に発表されたんですが、エイプリルフールと重なってしまったので今回の配布については、2枚だけ?って驚いた書き込み多数ありました。

どこから配布される?

感染者数の多い都道府県から配布が始まるそうなんですが、
具体的に、どこから配布かは報じれていません。

東京から配布される可能性は高いですね。
大都市に多いので、やはり人工が密集している所からが濃厚かもしれません。

地方に届くのは、4月中は難しいかもしれません。

配布する費用コストが高額!

配布方法やその受け取りなどについては、現在話しあっている最中かもしれません。
郵便局から発送されるそうなので、自宅のポストに投函される可能性は高いですね。

費用も去る事ながら、配送費用で、1世帯120円と換算して、✖︎5000万世帯
60億円位ですかね。

マスク2枚でも100円前後としても、50~60億円位?

現金給付なども検討しているそうで、今回は相当税金投入する可能性ありますね。



なぜ2枚なんだ?

理由については、安倍首相がこうコメントしています。

「来月にかけて1億枚を確保するめどが立った」

「再利用可能で、急激に拡大するマスク需要に極めて有効だ」

引用元;https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200401-OYT1T50213/

平均世帯数に対して生産出来るマスクの量が、1世帯2枚と判断されているみたいです。

調べると国内の総世帯数は、5099.1万世帯平均世帯数は2.44人となっています。

マスク生産数が約1億枚なので、1世帯に約2枚配布出来るとの判断ですかね。
ただ、世帯数が3世帯以上の家庭もあるので、そういった家庭にはどう対応するかは、定かではないみたいです。

世間の反応は?

今回は、結構シビアな投稿が多いみたいです。

まとめ、、、!

配布されるのは、ありがたいですが、使用後にあらったり、手入れしたりと使い続ける為には、アフターケアが必要なので、使い捨てよりは面倒ま感じはしますね。

しかし、そうも言ってられないので、届いたら使わせて頂こうと思っています。



スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました