高井議員がセクキャバで受けたサービスは?どこの店?

人物
スポンサードリンク

 立憲民主党の高井崇志衆院議員が、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が出された後の9日夜に東京・歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」と呼ばれる飲食店を訪れていたそうです。なぜ?こんな時に、外出して、しかもそういう所に行ったの?って不思議に思ってしまいました。で、どんなサービスだったんでしょうか?

どんな店?

通称、セクキャバという場所で、普通のキャバクラと違って、接客する女性の身体を存分に触れる事ができるそうです。
ディープキスなどのサービスがあるとの事で、どうやら風俗店?みたいな所らしいです。
店の**ではキャストが女子高生の制服姿などで現れるみたいです。
こんな状況下で、そういう店に行って、世間から厳しい視線が向けられるってわからなかったんでしょうか?

お店はガラガラだった?

緊急事態宣言の中の為、店はガラガラだったそうです。
しかし、高井議員が大きい声で喋っていたみたいですよ。

他の人気店では、待ち時間の兼ね合いで、このお店に案内されたそうです。
営業自粛するお店も出てくるので、その前に来たと、仰っていたそうです。

A嬢を指名して延長していた?

システムですが、最初の40分で複数の女性が接客する物。
高井氏はその間にA嬢を気に入ってしまって、更に延長までしていたみたいです。

噂だと2回指名し、120分も店にいたそうです。
これ税金ですかね?

『こんな可愛い子いないよ』『まいやん(白石麻衣)に似てる!』とか、ハメを外し過ぎですね。
とても興奮していたそうです。

参照元:https://bunshun.jp/articles/-/37234?page=2

過激なサービスに興奮していた?!

高井議員は、気に入ったA嬢から過激なサービスを受けていたみたいです。
世間がどういう状況なのか、議員ならわかっているはず。

それなのに、、、!
理解に苦しみます。

他にも、書けないような事も受けていたみたいです。
議員続けられるのでしょうか?この方は。

参照文献:https://bunshun.jp/articles/-/37234?page=2

高井議員はエリート議員!

東大経済学部卒業後の頭脳の持ち主!

旧郵政省(現総務省)に入省されています。

やはり、東大からキャリアの道に歩まれてますね。

2009年に民主党から出馬し初当選しています。

そして、維新の党や民進党を経て、3期目の現在は立民の岡山県連代表までになっておられる凄い方。

こんなエリートなのに、常識が?唖然としてしまいました。

店の名前や場所は?

以前も来店していたお店との事で、気にいっていたんですね。
場所は歌舞伎町と報じられていますが、さすがに店名までは掲載されていませんでした。

1議員の軽率な行動の為に、お店に迷惑がかかってしまいますからね。
それでも、こういう状況で、こういったお店が売り上げがなくて悲鳴を上げている最中でもありますからね。


スポンサードリンク

ネットの声は、怒り心頭!

当然ですよね。
こういう状況下を何とかして欲しいと期待している議員が、こんな行動をしているのですから。

まとめ、、、!

高井議員は、反省されているようです。
コメントでも、気が緩んでいて、今後はしっかりと襟を正して国会議員として活動する事を宣言していました。

ただ、議員を続けられるかは、定かではありませんね。
時期的にも、不要不急の外出自粛を呼びかけながら、行った場所も良くなかったかもしれませんね。

今後批判にさらされてしまうのは、目に見えていますね。
しっかりと国政を担って欲しいものです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました