「キネマの神様」志村けん代役は?キャストやネタバレ!映画のあらすじ!

映画
スポンサードリンク

新型コロナウイルスに感染し、3月29日にお亡くなりになった志村けんさんが、映画初主演を務める予定だった『キネマの神様』の代役が決まりました。
その代役が誰に決まったか?映画のキャストやあらすじ、ネタバレなどをお届けします。

「キネマの神様」志村けん代役は?

『キネマの神様』の代役を、沢田研二(71)さんが担当する事が決まりました。

志村さんとかつて同じ事務所に所属されていた、沢田さん。

先輩後輩として親交があり、『8時だョ!全員集合』『ドリフ大爆笑』、共同のラジオ番組『ジュリけん』やコントなどで多くの共演をされていました。

YouTubeなどで動画を見た事が、あるんですが二人の息がピッタリあったコントなんかは、
ファンにはたまらないはず。

今回白羽の矢が沢田さんにたった事で、天国の志村さんも喜んでいるんではないでしょうか。

そんな、沢田さんが演じるのは、無類のギャンブル好きのゴウという役。

時代を越えて繰り広げられる愛と友情の物語で、
若き日のゴウが信じた“映画の神様”が時を越え、ゴウの家族に奇跡をもたらす内容です。

「キネマの神様」キャストが豪華すぎ?!

ギャンブル好きのゴウを演じるのは、沢田研二さん

無類のギャンブル好きで、妻・淑子(宮本信子)や家族に見放されてしまいますが、映画が大好きで、かつて映画の撮影所で働いていた。

若き日のゴウを演じるのは、菅田将暉さん


時代を代表する名監督やスター俳優に囲まれながら夢を追い求める。
食堂の娘(永野芽郁)へ恋心を抱いている。

ゴウの妻・淑子役を演じるのは、宮本信子さん


ギャンブル好きな現在のゴウにあきれ見放してしまいます。

ゴウとテラシンが、二人で恋心を持つ食堂の娘役を演じるのは、永野芽郁さん


若き日のゴウから好かれます。

参照先:https://www.fashion-press.net/news/57674



スポンサードリンク

映画のあらすじは?ネタバレあり!

映画『キネマの神様』のあらすじですが、映画を見るまで知りたくなーーいって、
人はスルーしてください(笑)。

無類のギャンブル好きなゴウは、妻・淑子や家族に見放されたダメ親父。そんな彼にも、たった一つだけ愛してやまないものがあった。それは「映画」。行きつけの名画座の館主・テラシンとゴウは、かつて映画の撮影所で働く仲間だった。

若き日のゴウたちは、時代を代表する名監督やスター俳優に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。しかしゴウとテラシンがともに食堂の娘へ恋心を抱き、運命の歯車は狂い始める…。

引用元:https://www.fashion-press.net/news/57674

原作は原田マハの同名小説です。

時代を超えて繰り広げられる、愛と友情の物語の設定になっています。
古きよき時代の色濃さが、反映されているんではないでしょうか。

若き日のゴウが信じ続けた“映画の神様”が、時を超えて一つの家族へ奇跡をもたらしてくれます。


「キネマの神様」志村けん代役は?キャストやネタバレ!映画のあらすじ!まとめ、、、

「キネマの神様」志村けん代役は?キャストやネタバレ!映画のあらすじ!について、
お届けしました。

作品が完成する事で、天国にいる志村さんも、楽しみにしているに違いないですね。
代役も決まって、あとは公開を心待ちにして、楽しみに待ちましょう!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました