9月入学で学年や早生まれどうなるの?保育園も気になる?

社会
スポンサードリンク

新型コロナウイルスの影響により、文部科学省が、来年度の新小学1年生の対象人数を変えて「9月入学」に移行する案が出ていますね。
いきなりこういう案が出てピンと来ませんが、保育園児への影響の点から学年や早生まれの事について調べてみました。
では、見て見ましょう。

9月入学で学年の区切りは?

9月入学になると、学年はどうなるか心配の親御さんも多数いるはずです。
現在の学年の区切りは、4月2日〜翌年4月1日が学年が同じですよね。

それが、9月2日〜翌年9月1日になります。

切りよく、9月1日〜8月31日まででいいのでは?って思いましたが、
学校教育法で決められています。



スポンサードリンク

小学生:第17条第1項】
「保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、(中略)これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。」

【学年っていつからいつまで?施行規則第59条】
「小学校の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00010000-cancam-life

9月入学で年齢の切り替わりは?

法律上で決められていて、誕生日の前日の終了する時(深夜12時)に、年をひとつとる(満年齢に達する)とされています。

4月1日に生まれの場合、3月31日の深夜12時に6歳になる。

4月2日生まれの場合は、4月1日の深夜12時に6歳になる。


この区切りをで判断すると、年齢の切り替わりは、学校教育法では、4月1日〜3月31日が1学年ですよね。

てことは、4月2日に生まれた人は前日の4月1日に生まれている為、
翌年が小学生となります。

では、4月1日に生まれた人は?
3月31日に生まれているので、翌日の4月1日から小学生ですね。

うーーん、紛らわしいですね。
法律上と学校教育法上の区切りって。

4月2日生まれの区切りだと、4月2日生まれ〜翌年4月1日生まれが同じ学年って事ですね。

9月入学で早生まれは、どうなってしまう?

現在の早生まれは、
新年から新年度まで生まれた人ですね(1月1日〜4月1日)。

9月入学での、早生まれは、1月1日〜9月1日生まれの人になるので、通常より人数が多くなりますね。

早生まれは、成長が少し遅いという風に言われていましたが、今回の事でその差を感じなくなるのではないでしょうか。


それに、入学したばかりの人にプラスして、9月2日〜翌年の9月1日生まれの人が、
同学年になってしまい、動揺してしまいますよね。

急に、生徒が増えてしまう事に。

なので、今教員の確保の問題が取り立たされていますよね。
うーーん、理解するのが大変です。

9月入学で保育園は?


小学校だけでなく、保育園についてもどうなるか気になりますよね。
検索ワードでも、保育園のワードが出ている程ですから。

政府も、2021年9月入学を検討しているそうで、
そうなれば、9月2日生まれ〜翌年9月1日生まれが対象になりますよね。

現在幼稚園の年中さんの場合だと、2022年に小学校入学予定ならば、年長にならず2021年9月に小学校に入学してしまうケースになってしまいます。

例えば、
今年長で4月2日生まれ〜翌年4月1日生まれは、次小学校入学。

今年中で、4月2日生まれ〜9月1日生まれは、なんと、次が小学1年生になってしまいます。

9月2日生まれ〜翌年4月1日生まれは、次が年長になる。

4月2日〜9月1日まで年度の区切りが伸びてしまい、いきなり学年の繰り上がりって事も、
出てきますね。

早生まれを回避するご家庭もあるそうです。
理由は、保育園を確保するのが難しいとの事で、9月入学になってしまうと、6−8月生まれも、早生まれとなってしまって、厳しい状況になってしまう家庭も増えてしまうそうです。

まとめ、、、!

9月入学で学年区切りや早生まれどうなるの?保育園はどうなるの?について、お届けしました。
やはり、9月入学については、慎重に議論した方がいいですね。
これによって、現場は混乱するし、学年がいきなり繰り上がる事で不利益を被る児童やご家庭が増えるのも事実。
SNSでも、反対の声も多数見受けしました。

デメリットの部分も大きなウェイトを占めていると言っても過言ではないです。
今後の政府の対応がどうなるかも目が離せません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました