GoToトラベルキャンペーン予約済みの申請方法やクーポン受け取りは?期間はいつまで?

お役立ち
スポンサードリンク

「Go To キャンペーン」のトラベル事業を7月22日から始まります。
開始時期を大幅に前倒しされ7月22日以降に開始する旅行からの割引ですが、既に予約した分って適用なるのかなって?思ってる人多いはず。通常の申請方法と予約済みの申請方法についてお届けしていきます。

スポンサードリンク

7月22日(水)以降の申請方法!

1、旅行者から事務局へ申請

*詳細についてはまだ事務局が立ち上がっていないので具体的なとこまでの発表はなし。
おおまかな流れは、こちら。

宿泊のケース

申請書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)

領収書(原本)

宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設から入手)

個人情報同意書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)

https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001351403.pdf

上記で申請後に、事務職側で書類をチェックして口座振込やクレジットカード振込によって還付されます。

既に予約していた分は対象になる?

既に予約していた分についても、対象になります。
旅行後にちゃんと還付されるので心配はないですね。
旅行者間での不公平がないようにとの理由で、所定の手続きを踏めば還付されるそうです。

既に予約していた分の申請方法は?

具体的な方法は調整中ですが、後日改めて発表されるそうです。
分かっている事は、郵送かオンラインでの申請になる事と、口座振込かクレジットでの振込での還付です。

提出が必要な書類ですが、予定している物として4点!


  1. 申請書 事務局HPか宿泊施設での入手
  2. 個人情報同意書 上記と同
  3. 領収書 コピーでなく原本です。
  4. 宿泊証明書 宿泊時に宿泊施設から入手

地域独自の観光キャンペーンとの重複適用も可能となっている点もありがいたいですよね。

地域共通クーポンの種類は?どうやって申請するの?

地域共通クーポン付与の本格実施日は9月1日以降とあり、後日発表されるそうです。
旅行者が、地域共通クーポンを提示して商品やサービスの購入に充てる事ができます。

クーポンの種類については、
1・紙媒体のクーポン、2・電子媒体のクーポンの2種類の想定予定。

地域共通クーポンは、
額面1枚1,000円単位の発行でお釣りは出ない方向での形になるそうです。

クーポンを貰えるとしたら、旅行業者からの経由かオンライン飲食予約サイトからの申請になるのではないでしょうか。

GoToトラベルキャンペーンの期間はいつからいつまで?

7月10日(金)に赤羽根国土交通大臣より、7月22日からスタートさせると発表があり、
終了時期については、来年の3月中旬を予定とありますが、総予算額は約1.1兆円と決まっている為、このキャンペーンを利用する人が大勢いると予想すると、もっと早くに終わってしまう事も充分考えられますね。

まとめ!

Go Toトラベルキャンペーンは、旅行代金の半額、1人1泊あたり最大2万円相当を政府が補助してくれる為、コロナの影響で外出を控えていた人にはありがたいキャンペーンですよね。
7割が旅行代金の値引きになって、3割を旅行先で利用できるクーポンとして配布されるお得な内容なので、これからのシーズンに旅行を検討されている方は是非利用する価値ありですね。

やっさん
やっさん

旅行用のバッグも下記に紹介しておきますね。
是非、素敵な旅に持参下さい。





スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました