タカノフルーツパーラーの閉店の理由って何なの?

ニュース
スポンサードリンク

老舗フルーツ専門店の「新宿高野」は今年3月末、カットフルーツやフルーツサンドイッチなどが食べ放題の「タカノフルーツバー」を閉店します。ネットではなぜ?理由は?とざわついてます。理由は何なんでしょう?

スポンサードリンク

いつ閉店するの?

老舗フルーツ専門店の「新宿高野」であって、高野フルーツパーラーではないです。
今年3月末に、カットフルーツやフルーツサンドイッチなどが食べ放題の「タカノフルーツバー」を閉店します。
という事です。

フルーツパーラーは存続?

本店のタカノフルーツパーラーは存続します。
店舗面積を拡張するという意向とあって、フルーツパーラーとフルーツバーで混同してしまっている方が多い為に、
今回の閉店と誤解を生んでしまったそうです。
うーーん、確かにややこしいというか混同してしまいそうですね。

フルーツバー閉店の理由とは?

では、フルーツバーが閉店してしまう理由とは?
社内で、プロが仕立てたパフェなどを楽しんでもらうフルーツパーラーの質を上げるという意見が出た為と、
コロナの影響もあって、ビュッフェスタイル維持が難しくなってしまったそうです。

それで、同じ階のフルーツパーラーのスペースを拡張するという流れになりました。

「老舗のフルーツ専門店として、職人が仕立てた、フルーツを主役としたデザートを提供していきたい。以前よりもゆったりとした席で、よりくつろげる店になる。新しいフルーツパーラーに、ぜひ来店してほしい」と話していた。

https://mainichi.jp/articles/20210203/k00/00m/040/117000c

まとめ!

高野フルーツパーラー閉店と、
ニュースで話題になりましたが真実を見ると、違うようですね。
ややこしやですね。
でも、フルーツパーラーを利用している人には一安心ですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました