2021衆議院選挙の日程はいつになる?投開票日はいつ?

政治
スポンサードリンク

次期衆院選について、菅義偉首相が衆院を解散せず、

45年ぶりとなる衆院議員任期満了(10月21日)に伴う閣議決定による衆院選の可能性が

高いと噂されています。憲法が4年と定める議員任期内に新たな議員を選ぶのが、

常識と言われていますが、選挙日や投開票の日程を気になる人も増えてくるでしょうね。

そこで、今回の記事でまとめてみました。気になれば最後までお付き合いくださいね。

スポンサードリンク

2021衆議院選挙日程はいつになる?

衆議院の選挙が行われるのは、

任期満了と解散する時です。

任期満了は10月21日、この場合の投開票日は10月17日になりますね。

なぜ解散をしなかったか?

ここもポイントになりますよね。

衆議院を解散しなかったのはなぜ?

コロナ対策を優先していた。

自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)の件もあった。

自身の任期前に解散して、総裁選を後に持ってくる。

衆院選で勝利⇨総理再選という戦略?も予想できます。

オリンピック成功だとかワクチン接種の件だとか、支持率が上がったら菅総理の再選の可能性高いですからね。

公職選挙法では、任期満了日前の30日以内に投開票を行う事とあり、

今回は9月21日〜10月20日があたります。

衆院選の選択肢は総裁選後の10月5日公示−17日投開票ではないでしょうか?

投開票が10月末や11月になる可能性は?

解散を伴う場合は、投開票まで準備や選挙運動期間で1カ月近く要します。

今回、議員任期内の投開票を前提に日程見てみると、

衆院解散の時期が総裁選の直前か期間中になるとするとどうなるか?

総裁選を戦いの最中に中止→党総裁で再選を目指すって戦略も予想できます。

総裁選後に衆院を解散して投開票を10月末や11月に先延ばしもできるそうですが、

公選法上、例外的ですね。

現行憲法下でこうした前例はないので、「自民の党利党略」と見られ批判されるでしょうね。

結局いつになるの?

まとめると、菅義偉首相は自民党役員人事と内閣改造を来週行う→

9月中旬に衆院解散に踏み切る→

複数の政権幹部が漏らした。

自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)は衆院選後になる。

衆院選日程を10月5日公示、17日投開票とする案が高い。

期日前投票は10月6日から可能になりますね。

最後に!

今回の衆院選はかなり注目度が高いですね。

コロナの件や菅総理が再選を目論見、衆院議員の解散を先送り?とか役員を刷新したりと、

様々な意見が飛び交っていますが、早く日程を確定して優秀な人材を選出して、

いち早く良い方に国政を舵をとってほしい物です。

誰がどうのこうのでなく、国をよくして欲しいの一点です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました