2021衆議院選挙南関東比例代表候補者の顔ぶれ一覧を調査!

選挙
スポンサードリンク

衆議院選挙が今年も行われますね。

菅総理の辞任、コロナの影響下の衆議院選挙、誰に投票すればいいかと迷いますよね。

今回の記事では、比例代表の南関東の各政党の候補者をお届けします。

投票日まで参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

2021衆議院選挙南関東比例代表候補者日本共産党

志位 和夫(シイ カズオ)

当選回数9回、67歳

主な経歴は、

1954年千葉県四街道市に生まれ、1973年日本共産党に入党

1979年東京大学工学部物理工学科卒業して、1980年日本共産党東京都委員会に勤務

1982年日本共産党中央委員会に勤務、1987年第18回党大会で党准中央委員に選出

1988年党中央委員会書記局員に任命され、1989年党中央委員に選出

1990年第19回党大会で書記局長に選出され、

1993年第40回衆議院選挙で当選

1996年第41回衆議院選挙で2期目当選

2000年第42回衆議院選挙で3期目当選。

第22回党大会で幹部会委員長に選ばれる

2003年第43回衆議院選挙で4期目当選

2005年第44回衆議院選挙で5期目当選

2009年第45回衆議院選挙で6期目当選

2012年第46回衆議院選挙で7期目当選

2014年第47回衆議院選挙で8期目当選

2017年第48回衆議院選挙で9期目当選

Twitterはこちら

はたの 君枝(ハタノ キミエ)

神奈川10区、64歳当選2回

主な経歴は、

1957年川崎市中原区生まれ、

川崎市立上丸子小学校、横浜市立上永谷中学校、神奈川県立緑ヶ丘高校、横浜国立大学教育学部卒業

私立中学の国語教諭として勤務、日本民主青年同盟神奈川県委員長などを歴任します

1998年に参議院神奈川選挙区で2位当選し、日本共産党参議院神奈川選挙区での議席を初の獲得

2014年から衆議院議員(比例南関東ブロック選出)

現在は、文部科学委員、科学技術イノベーション推進特別委員会、

消費者問題に関する特別委員会、党中央委員を務める

Twitterはこちら↓

さいとう 和子(サイトウ カズコ)

千葉13区、当選回数1回、46歳

主な経歴は、

1997年 日本大学農獣医学部食品経済学科(現・生物資源科学部)卒、

県立清水高校(食品化学科)講師 1999年 日本共産党千葉県委員会青年学生部、

2004年 日本共産党千葉県常任委員・青年学生部長、

2011年 日本共産党千葉県西部地区委員会常任委員・青年学生部長

2009年8月 総選挙小選挙区千葉4区・南関東比例ブロックから立候補、

2010年7月 参議院選挙千葉選挙区から立候補、

2012年12月 総選挙小選挙区千葉4区・南関東比例ブロックで立候補

2014年12月 総選挙南関東比例ブロックで初当選

Twitterはこちら↓

沼上 とくみつ(ヌマカミ トクミツ)

1986年05月25日 35歳、当選0回、元茅ケ崎市議

Twitterはこちら↓

2021衆議院選挙南関東比例代表候補者公明党

古屋 範子(フルヤ ノリコ)

当選回数6回、65歳

主な経歴は、

最終学歴 早稲田大学第一文学部(昭和54年3月卒業)、

平成15年11月9日 第43回衆議院議員選挙 初当選(比例区南関東ブロック)

平成17年9月11日 第44回衆議院議員選挙 当選(比例区南関東ブロック)2期目、

平成17年11月2日~平成18年9月26日 内閣 総務大臣政務官

平成21年8月30日 第45回衆議院議員選挙 当選(比例区南関東ブロック)3期目、

平成24年12月16日 第46回衆議院議員選挙 当選(比例区南関東ブロック)4期目、

平成26年12月14日 第47回衆議院議員選挙 当選(比例区南関東ブロック)5期目、

平成28年8月5日~平成29年8月7日 内閣 厚生労働副大臣、

平成29年10月22日 第48回衆議院議員選挙 当選(比例区南関東ブロック)6期目

平成29年11月2日~平成30年10月23日 衆議院 総務委員長

Twitterはこちら↓

上田 勇(ウエダ イサム)

神奈川6区、当選回数7回、63歳

主な経歴は、

昭和56年東京大学農学部卒業後して、農水省に入省

構造改善局、近畿農政局に勤務して、昭和59年農水省から、米国コーネル大学大学院に留学

金融、国際ビジネスなどを専攻しながら、昭和61年同大学大学院で経営学修士号(MBA)を取得

帰国後、農水省構造改善局、経済局国際部、九州農政局に勤務、

日米貿易交渉(牛肉・オレンジ・木材等)、農業農村整備事業、環境問題等に取り組む

平成5年農水省を退職後、衆議院議員選挙で初当選(旧神奈川1区)

労働委員会理事、商工委員会委員などを歴任、平成8年2回目の当選(比例南関東ブロック)

法務委員会理事、予算委員会委員、金融安定化特別委員会委員など歴任、

平成12年3回目の当選(比例南関東ブロック)

小選挙区神奈川6区(横浜市保土ヶ谷区・旭区)では次点法務総括政務次官(平成12年12月まで)

外務委員会理事、法務委員会委員など歴任平成15年4回目の当選(神奈川6区)

財務金融委員会理事、法務委員会委員、武力攻撃事態対処特別委員会委員など歴任、

平成16年財務副大臣に就任(平成17年11月まで)平成17年5回目の当選(神奈川6区)

予算委員会理事、経済産業委員会理事、厚生労働委員会委員をつとめ、

平成18年衆議院経済産業委員長に就任(〜平成19年9月まで)平成20年落選(神奈川6区)

平成24年6回目の当選(神奈川6区)平成26年7回目の当選(神奈川6区)財務金融委員会理事、

外務委員会理事、国家安全保障特別委員会理事、予算委員会理事、

北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会理事などをつとめる、

平成29年第48回衆議院議員総選挙(神奈川6区)次点、

【党役職】党政務調査会長代理、同神奈川県本部代表

Twitterはこちら↓

角田 秀穂(ツノダ ヒデオ)

当選回数1回、60歳

主な経歴は、

1961年3月 東京都葛飾区生まれ、その後創価大学法学部卒業

上下水道の専門紙・水道産業新聞社編集部次長を経て、

1999年から船橋市議会議員を4期、2014年12月から2017年10月まで衆議院議員を1期務める

社会保険労務士

2021衆議院選挙南関東比例代表候補者自民党

上野 宏史(ウエノ ヒロシ)

当選い回数2回、50歳

主な経歴は、

厚生労働大臣政務官、一般社団法人群馬県地域活性化協議会代表理事

共愛学園前橋国際大学客員教授、衆議院議員、参議院議員、経済産業省、ハーバード大学大学院卒

東京大学卒現在の主な役職は、副幹事長

Twitterはこちら↓

出畑 実(デバタ ミノル)

当選回数1回、70歳

主な経歴は、

昭和二十五年十月五日山口県下関市に生る、

成蹊大学経済学部卒業、石油元売であるゼネラル石油株式会社勤務等を経て、

一般財団法人国民政治協会千葉県支部に勤務し、現在に至ります。

当選一回(48繰)

2021衆議院選挙南関東比例代表候補者立憲民主党

しのはら 豪(シノハラ ゴウ)

神奈川1区、当選回数2回、46歳

主な経歴は、

元横浜市会議員(2011年~2014年。金沢区選出)

記者・雑誌副編集長/クリエイティブ・ディレクター/広告プランナーほか

国連大学国際開発系プログラム、十大傑出青年基金会(台湾)研修ほか修了

ボーイスカウト歴 16年

2014年12月 第47回衆議院議員選挙(神奈川1区)にて68,061票を頂き、

南関東比例(維新の党)で初当選

2期目は、2017年10月 第48回衆議院議員選挙(神奈川1区)にて78,019票を頂き、

南関東比例(立憲民主党)で当選

Twitterは↓

岡本 英子(オカモト エイコ)

神奈川2区、総支部長、57歳

主な経歴とTwitter、

衆議院議員横浜市会議員(4期)、学歴横浜国立大学経済学部卒業

生方 幸夫(ウブカタ ユキオ)

千葉6区、73歳、環境委員会/筆頭理事

主な経歴、Twitter↓

環境副大臣環境委員長、消費者問題特別委員長、

議院運営委員会理事財務金融委員会筆頭理事、予算委員会理事内閣委員会理事、

決算行政委員会理事安全保障委員会理事、テロ特別委員会委員幹事長代理、

副幹事長選対委員長代理、国会対策副委員長、常任幹事千葉県連代表

岡島 一正(オカジマ カズマサ)

千葉3区、63歳、総務委員会/筆頭理事、災害対策特別委員会/委員

主な経歴、Twitter↓

NHK報道カメラマン、バンコク駐在特派員

衆議院議員、衆議院予算委員会理事、衆議院決算行政監視委員会筆頭理事

奥野 総一郎(オクノ ソウイチロウ)

千葉9区、57歳、当選回数4回予算委員会理事・憲法審査会幹事立憲民主党国会対策委員長代理

主な経歴は、

昭和39年7月 神戸市生まれ、 昭和52年3月 神戸大学附属住吉小学校卒業

昭和55年3月 私立甲陽学院中学校卒業、昭和58年3月 私立甲陽学院高等校卒業、

平成元年3月 東京大学法学部卒業、平成17年4月 総務省退職(調査官)

平成21年8月 衆議院選挙 初当選、 平成29年10月 衆議院議員 4期目

みやかわ 伸(ミヤカワ シン)

千葉13区、経済産業委員会/委員、原子力問題調査特別委員会/委員

主な経歴とTwitter↓

民進党千葉県第13区総支部長、東京工業大学無機材料工学科卒業、東京工業大学博士課程修了

2021衆議院選挙南関東比例代表候補者日本維新の会

横田 光弘(ヨコタ ミツヒロ)

神奈川18区、衆議院神奈川県第18選挙区支部長、64歳

主な経歴は、昭和32年11月24日生

昭和51年 米国ニュージャージー州 Northen Valley Regional High School Old Tappan卒業

昭和52年 慶應義塾志木高等学校卒業、昭和56年 慶應義塾大学工学部機械工学科卒業

昭和61年 松下政経塾卒塾、昭和62年 神奈川県議会議員当選(無所属)

平成3年  神奈川県議会議員当選(自由民主党)、平成19年 DX・クラスター株式会社 代表取締役

平成30年 日本道義主義の会 政策審議局長、平成30年 ADMINA株式会社 代表取締役

最後に!

比例代表の南関東ブロックの候補者をお届けしました。

たくさんの候補者の方がいますね、どの候補者も国政を全力で取り組んでくれそうな方ばかり。

迷いますね、本当に。

投票まで参考になれば幸いです。

また、候補者一覧をお届けします。

では、次の記事で。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました