gotoトラベルの再開は11月見込みか?その内容や前回との違いは?

スポンサードリンク

公明党の山口代表が岸田総理にGOTOトラベルの再開をするようお願いをしていましたね。

旅行好きな方には朗報ですし、コロナで不況に苦しんでいる地方や各産業にも経済の効果を

もたらしてくれるかもしれません。

ただ再開についてはいつになるか?前回と内容は一緒か?など気になる所がありますね。

そこで、GOTO再開は11月になるか?その内容などを見てみましょう。

スポンサードリンク

gotoトラベルの再開はいつ?

政府は、GoToトラベル再開へ向け、色々と話しあっている模様です。

再開する目安ですが、ここが重要ですよね。

政府は年内再開の姿勢という事で、もし早まれば11月に照準が当てられる可能性大です。

岸田総理は、GoToトラベル再開に前向きとの事で、

GoToトラベルの早期再開が進められるそうです。

gotoトラベルの再開11月見込みの可能性は?

11月頃から導入予定のワクチン・検査パッケージを使って、感染症対策を進化させた「GoTo2.0」を

打ち出していますね。

観光庁は10月から11月にかけて、旅行会社が実施するツアー旅行でワクチン・検査パッケージの

実証実験をするそうです。

では、再開の目安って?

それは、「全国の感染状況がステージ2相当以下」という考えでしたね、

ワクチン・検査パッケージに感染防止効果があって、導入されたら、

観光業界団体が再開を強く要望している事もあって、

11月中の再開もあり得るとの声も上がっています。

gotoトラベルの再開後の内容は?

gotoトラベルから新GoToトラベル、その名もGo To 2.0。

その内容について見てみると、

まずは、ワクチン・検査パッケージの利用で、

ワクチン2回接種済みの方、PCR検査の陰性証明などをで割引率が大きくなる案

次は、旅行需要をの休日と平日の差をつけ、平日の旅行需要を増やす、平日の割引率UPなど

そして、クーポン券のデジタル化によって非接触化にする

割引率や割引額も大事ですね、旅行代金の最大50%補助、上限:2万円人泊

割引率や上限額を下げる事もある

割引率を上げの支援とは、

中小事業者の支援から、GoToトラベルは大手事業者に有利?であった事から、

中小事業者にもメリットがあるように検討、例えば割引率を上げるなど

交通事業者の支援については、マイカーを利用した近距離旅行が多かった→

交通事業者にもメリットをとの事で、割引率UPにする案

災害被災地の支援などは、大規模な災害の被災地の自治体の割引率を上げて、復興支援をするなど

まだ検討なので確定ではないですが、内容を見ると結構修正されていますね。

gotoトラベルの代替え案とは?

Goto再開までは、地域観光事業支援の実施という事は知っていましたか?

代替えとまでは言いませんが、再開までは、政府は、4月から12月末まで都道府県が実施している

県民割引を財政支援する「地域観光事業支援」を実施、何と事業の総額は約3,000億円!

対象は、ステージ2以下の地域です、

1人あたり最大7,000円(旅行費用に最大5,000円+地域共通クーポンに最大2,000円)補助で、

内容については都道府県独自の設定。

また、「前売り宿泊券・旅行券」も支援の対象です。

予約・販売期限も12月末まで延びました。

再開後は既存の予約はどうなる?

各旅行事業者は、Go To トラベルキャンペーンが再開されたならば、

既存予約にも「Go To トラベルクーポン」の割引を適用できる準備をしている模様。

そのため、Go To トラベルキャンペーンが再開したら、予約の取り直しは要りません。

楽天トラベルもお得に販売していますよ。

楽天スーパーDEAL、宿クーポン、5と0のつく日など。

詳しくは→

最後に!

僕の周りでもGotoトラベルを使って旅行に出かけたかた結構いました。

今回は、僕もワクチンを接種したし、ずっと出かけなかったので、再開されれば利用して

名古屋にでも行ってみようかと思います。

今回の記事が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました